電電高専生日記

ウィーンブリッジ発振回路を作った

2016/02/28 20:04

 ウィーンブリッジ発振回路を作ってみました。

ウィーンブリッジ発振回路
f=3.60kHz, Vpp=1.37V

学校でも最近作ったんですが、家にある乏しい機材だけでも作れるか試してみました。
オペアンプはLF356Nを用いてます。このICは負電圧が必要なので、5V電源を分圧して2.5V電位のとこを接地としてます。2.5Vで動くのかは調べてないです。別に乾電池とか使っても良かったが。
また、無極性コンデンサがないので、有極性コンデンサを直列に2つ接続することで代用してます。

色々メチャクチャかもしれませんが、とりあえず発振条件は満たすように素子は選びました。
計算上、周波数fは f=1/2πRC=1/(2π*1k*0.1μ)=1.6kHz となるはずなんですが、実際には3.6kHzとなりました。しかしまぁ、無茶苦茶な回路&測定機器がオモチャ級ということを踏まえて、桁が合ってるから良しとします。ウィーンブリッジ発振回路を作れました!

DSO nano v3の使い方メモ

・紫色の波形消す…「Ex」の「Ext Refn」
・0電位を真ん中に合わせる…「Yn」の「Y Offset」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント(0)





プロフィール

名前:elkosendiary

性別:男

生年:1995年


2011年4月 高専入学
2016年3月 高専卒業
2016年4月 大学編入学
2018年3月 大学卒業予定

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村

カテゴリ
Adsense
月別アーカイブ
ブログ内検索

おすすめ記事

「高専大学編入ログ」を作成しました

自作ゲーム「Defend PortMoresby!」バージョン3

【改良版】 RaspberryPiで作ったカメラ付き戦車ラジコン