電電高専生日記

オペアンプを使った、暗い時にLEDが点灯する回路

2014/07/02 18:06

電子工作部品が家に届いたので、早速何か作ってみることにしました。

マイコンの勉強を始める前に、とりあえずまず簡単なものから。ということで、暗い時にLEDが点灯する回路を製作しました。これは既に学校の実習でも行っているので簡単です。

今回はCdsセルとオペアンプ(LM358N)を使って回路を構成しました。

(ブレボの上下を逆に使っていることにあとで気が付いた)

Cdsセルを紙で隠して光を遮蔽して「暗い時」にすると、

ちゃんとLEDが点灯します。

この回路の設計についてささっと書いてみます。

まず、Cdsセルの抵抗値を測定したところ、明抵抗:1 [kΩ]、暗抵抗:3 [kΩ]ほどでした。

次に、オペアンプのVin(-)を適当に2.5 [V]と設定し、2.5 [V]が入力されるように設計します(今回は1 [kΩ]二つで分圧)。

次にVin(+)側です。明るい時に Vin(+) < Vin(-)=2.5 [V]、暗い時に Vin(+) > Vin(-)=2.5 [V] となるように抵抗を選び設計します(今回は1 [kΩ]×2コ=2 [kΩ]とCdsでの分圧)。

最後に、VoutにLEDをつないで完成。過電流にならないように100 [Ω]の抵抗を挟んでいます。

回路図を以下に示します。

回路図画像は、フリーソフトBSch3Vを使用して作成しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

コメント(0)





プロフィール

名前:elkosendiary

性別:男

生年:1995年


2011年4月 高専入学
2016年3月 高専卒業
2016年4月 大学編入学
2018年3月 大学卒業予定

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村

カテゴリ
Adsense
月別アーカイブ
ブログ内検索

アクセス

昨日のPV数:
全期間PV数:

おすすめ記事

「高専大学編入ログ」を作成しました

自作ゲーム「Defend PortMoresby!」バージョン3

【改良版】 RaspberryPiで作ったカメラ付き戦車ラジコン